So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

Aqcqua di Colonia(アクアディコロニア)/Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ) [七月]

IMG_4590.JPG

今更ですが入手しました。

サンタマリアノヴェッラのいろいろは夏の定番ですが、
そういえば、超ロングセラーのこれを試したことがなかったな、と。

ベルガモット~~~
ネロリ~~~
で、ラベンダーとかローズマリーとかのフゼアっぽさが
うっすら下から出てくる。
でも、うっすらなので、おじさんぽくはない。

古めかしくはないけど、クラシカル。
明治時代に、はじめて嗅いだ舶来のメンズ香水を、
へええー、と思っている日本人、
になった気分。なぜか。

これまた20分ぐらいで消えてしまいます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

シャワーコロン/資生堂 [通年]

IMG_4587.JPG


前に話題にしたシャワーコロンのファンシーフローラル、
入手しました!(画像右)

あ~、これこれ!
16歳の私が買ったのはこれ!
この波うったボトル!
初デート! 初夏!

ホワイトフローラルに、
ピーチやアプリコットが乗っていて、
いかにも可愛らしいんだけど、
今時のフルーティフローラルではないのは、
基本が鈴蘭だからかな?

20分ぐらいで消えてしまいます。
あら? デートにつけていっても意味ないね(笑)。

ちなみに、スーリールを嗅いだときにこれを思い出したけど、
それほど似ていませんでした。
むしろ、タンタトゥリスにピーチを足した印象。

もう一方はフレッシュグリーンという香り。
すっきりしたグリーンに、淡くアイリスとムスクが香ります。
かなり大人っぽくて、けっこう長持ちします。

https://56074.diarynote.jp/200409220349390000/
(参考)シャワーコロンのいろいろを調べてまとめてくれています。
ファンシーフローラルと同じ体裁でホワイトフローラルが、
フレッシュグリーンと同じ体裁でピュアグリーンがあったようです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Tea Rose(ティーローズ)/Perfumer's Workshop(パフューマーズワークショップ) [七月]

IMG_4586.JPG

しゃきーんとしたグリーンっぽい薔薇です。

バラのシーズンである5月につけても、
すっきりしすぎていて、ちょっと人工的に感じたのですが、
梅雨明けてから使ったら、良さがわかりました。

すっきりしゃきーんなのに、薔薇なんですよ。
真夏に使える薔薇なんて、珍しい!!

本物の薔薇の香りの分類で「ティーローズ系」ってあるけど、
あれの香りってことなんでしょうね。
本物に近いという意味では、資生堂のばら園ぽく、
しゃきーんとした印象は、
ペンハリガンのエリザベサンローズ(旧作のほう)をも思わせます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Un Lys(アンリス)/Serge Lutens(セルジュ・ルタンス) [六月]

IMG_4596.JPG

生の百合に近く感じますが、
かなり鈴蘭がきいていて、私ごのみのすっきりホワイトフローラルです。
百合というともわもわクローブ系の香りが多いですが、
青っぽいです。そして静かです。
薄~い布に、深い陰影。

ルタンスにしては重く感じません。
そして拡散力もあまりありません。
ほのかーに百合が一日中香ります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Eau de ete(オーデテ)/Parfums de Nicolai(パルファンドニコライ) [七月]

IMG_4602.JPG

ずっと蒸し蒸しした日が続くので、衝動的に買ってしまった…。
「夏の水」。

ニコライはいくつかサンプルも持っていて、
上品さが好きではあるのですが、
最後、どうしてもおばさまっぽくなるのが、購入に至らない理由でした。

オーフレッシュのシリーズならおばさまっぽくならないかな?
と思ったけど、オードシック、オードミクステともに、
ベチバーが強くておじさまっぽくなる。。

でも、オードテはおばさまにもおじさまにもなりません! わーい。

フレッシュなライムがしゅわしゅわーっとして、
ちょっとスパイスもあって、
すぐに優しいジャスミンに包まれて、ずっとそのままです。

お風呂上りにうっとり~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

The pour un ete(テプーアンエテ)/Artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム) [九月]

IMG_4594.JPG

「ひと夏の紅茶」という邦題が素敵で、
ずっと気になっていました。
でも、なぜか、店頭で何度嗅いでもピンと来なかったんです。

それが、この夏、小分けを入手して嗅いでみたら、
なんだこれ、いいじゃん! と、やっと理解できました。

お茶だと思うから違和感あるのであって、
これ、最終的にはオスマンサスの香りじゃないですか。
しかも最初は紅茶じゃなくて緑茶。

夏の終わりに、金木犀の開花を待ちながら、
庭で緑茶を飲んでいる、そんなイメージですかね。

ムスクっぽい部分がちょっと苦く感じるので、
苦手だって言う人はここが嫌なのかな?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Fleur de Lalita(フルールドラリータ)/Dusita(デュシタ) [八月]

IMG_4595.JPG

公式やいろんなレビューを見ると、
すごく女性らしい香りに読めるのですが、
実際嗅ぐと、むしろ、草。セリ科。つまりガルバナム。
がっつりグリーンじゃないですか?

真夏に草ぼうぼうの川沿いにいて、
草いきれの中、
きれいなお花の香りが混ざってる。
けっこうずっとグリーンが続いているように感じます。

もちろん、デュシタならではの、
東南アジアっぽい不思議な香りがベース。
だから、グリーンフローラルとは言っても、
ほかでは嗅いだことのない香りです。

真夏に自然の中でつけていたいなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Metal(メタル)/Paco Rabanne(パコラバンヌ) [七月]

IMG_4591.JPG

アルデヒドにヒヤシンスで、冷涼!
メタルという名前の通りです。
真夏の通勤にぴったり。

でも、ケミカルっぽくはない。
というか、ケミカルっぽさの一歩手前。
1979年という時代を感じる~。

70年代古着をちょっと思い起こさせるんですよね。
化繊なんだけど懐かしい。

ベースにお香っぽさがあって、
それもまた、古着屋っぽいのかもしれません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

香水、交換してもらえませんか [香りに関する雑談]

持っているボトルすべてを使い切るには、200年かかることが判明しました。

200年…!!!

1プッシュって0.15mlなんですって。
毎朝1プッシュしかしてないから、計算すると200年になる…。

毎日3プッシュしたとしても66年。どう考えても死んでます。

というわけで、ご興味がある方、同好の士と交換できればと考えました。

先月猫が天国に行ってしまい、さみしい日々なのですが、
香水の小分けなどをしやすくなったということもあり……

末尾にお分けできるもののリストを載せました。
1mlずつ、一度に3種類まででお願いします。
(このブログで紹介していても、
貴重なもの、残り少ないもの、劣化したもの、すでに譲渡したものはのぞいてあります。)

かわりに、メゾン、ニッチ系ブランドやクラシック香水の、
フローラル、グリーン、シプレをご提供いただけるとうれしいです。

この記事のコメント欄にご希望の香水名とメールアドレス、
交換可能な香水名をお書きください。
(承認しない状態にしておくので、ほかの人からは見られません。)
こちらからご連絡します。

ド素人の趣味なので、いろいろ不手際あるかもしれませんが、
よろしくお願いします。

↓リスト(クリックすると拡大します)※ナエマの(P)は(EDP)の間違いです。
fragrance_koukan.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Rosa Greta(ローザグレタ)/Eau d'itali(オーディタリー) [五月]

IMG_4592.JPG

取り扱っていたプロフミディ銀座、あっというまにつぶれたようです…

ラッキーセントから取り寄せたサンプルのうち、
最初は、フィオーリフィオーレを買おうと思ってました。
鈴蘭とジャスミン、鉄板!
ただ、ちょっとクリーミーになりすぎる。

ローザグレタは、グレタガルボのイメージだそう。
それにしては、一見さわやか。

5月の薔薇の季節に嗅いだら、すごーく気に入ったので、
こちらを(ラッキーセントで)購入。(送料高…。)

薔薇にホワイトティーやライチの香り。
ミントのようにも感じます。
さわやかだけど、全然子どもっぽくもメンズっぽくもなく、
意味深な女性の横顔という感じ。
じっくり香ると、渋めのベースもわかって、
あ、グレタガルボだな、と納得です。

数時間で消えてしまうのが残念。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

INOUI(インウイ)/資生堂 [通年]

IMG_4350s.jpg

プルーストの『忘れられた時を求めて』冒頭で、
紅茶にひたしたマドレーヌの香りで
記憶が一気によみがえるというのがありますが。

まさにそれ!

これを嗅いだとたんに、
70年代後半から80年代前半のいろいろなものを思い出しました。

資生堂の広告。
白地にパステルカラーの幾何学模様。
ハーフみたいな女性モデル。
太目の眉。
女子大生ブーム。
カフェバー。
さわやかな風。
肩幅のあるファッション。
さらさらの髪。

しっかりしたグリーンシプレに、フルーティさがある。
女性らしくて、でもしっかり自己主張。
あああ~、この香り、街で嗅いでた!
はやってたんだ!
これがむちゃくちゃおしゃれだった!

今ももちろんおしゃれ。
TVCMがyoutubeにありました。
懐かしくて、かっこいい!
https://www.youtube.com/watch?v=qEZjVNQ5C20



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Nahema(ナエマ)/Guerlain(ゲラン) [五月]

IMG_4346s.jpg

名にし負うナエマ。
この香水を再現した薔薇があるというナエマ。(普通逆やろ)

薔薇であることはもちろんなんだけど、
青っぽい薔薇もあれば、
ゴージャスな薔薇もあるし、
チュベローズのような香りもします。
ライラック、イランイラン、パッションフルーツとかもあるらしい。

角度によって輝く部分がかわる、
宝石のブリリアントカットみたい。

ところで、廃盤であるパルファンが評判高いので、
ヤフオクで買ったのですが、
なんと、箱にはナエマってあるけど、中身はシャリマーでした…!
いやーん。
夫が「「なんでも鑑定団」でもよくあるよ、箱だけ本物なの」とのこと。
いや、シャリマーは本物なんだけどね。
ナエマのほうが高価で取引されてるのよね…。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Eau de Magnolia(オードマグノリア)/Frederic Malle(フレデリックマル) [三月]

IMG_4351s.jpg

マグノリアなのにコロンてどういうこと?
と思ったけど、
すごくいいです。

大好きなSMNの鈴蘭に似てます。
ぺかーーーっと輝いてます。
金管楽器の、ぱおーーんという音も聞こえます。
この、キンキンのフローラルがたまりません。

激しい光と音に、マグノリアの薄布がたなびいています。

フレデリックマル、伊勢丹にあったときに比べて、
ていうかどのブランドもだけど、
高くなりましたねー。
そのかわり小さめサイズがあってありがたい。
これは30mlです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Diorella(ディオレラ)/Christian Dior(クリスチャン・ディオール) [五月]

IMG_3950s.jpg

うおおお、なんじゃこりゃ!
好きすぎる!

柑橘のつぶつぶがはじけて、
グリーンがガンガン主張して、
その中でジャスミンやスイカズラがキラキラ輝いてる。

なのに全然イマドキの軽いものじゃなくって、重層的。
最後、しっとりとしたクリーミーなシプレになるんだけど、
ここだけ印象がアントニアに似てるかも。

調香はエドモン・ルドニッカ…ディオリッシモの人だ。
え? ロシャスのファムも、パルファンテレーズも?
好きなのばっかりだ! エドモンさん!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

FLORALUST(フローララスト)/Agonist(アゴニスト) [五月]

IMG_3952s.jpg

スウェーデンのブランド。
観念的なコンセプトが面白い。

これは花の渦。

といっても、ムスクが4割、アルデヒドが3割、
残りがお花やスパイスといった感じ。

ムスクとアルデヒドの渦の中に、お花が流れて行きます。

パルファンサトリの紫と構成が似ている気がします。
紫は秋、フローララストは春。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Lumiere(ルミエール)/Rochas(ロシャス) [一月]

IMG_4344s.jpg

これは素晴らしい…!!
香水遍歴がとまるかもしれない(と何度言ってるのか 笑)。

アルデヒドなどいかにもトップらしいトップが、
ぴかーっと光ったあと、
やわらかいピンクや紫の色合いの間接照明っぽい、
ホワイトフローラルになります。
ほわっとアルデヒドで空中に浮いていて、
そこにうすーくパウダリーの羽がついてる。

清楚なのにセクシー。
ロシャスでは若者向けだったそうな?
いやいや、めちゃくちゃセクシーじゃないですか。

清楚ファッションだけど
肌がぬめっとしててエロい、色白美人。

画像のうち、まっすぐなほうが(ラベルとかからすると)古いようで、
トップのぺかーっが少ないです。
もとからの処方なのか、劣化なのかわかりませんが、嫌な感じではなく、
いきなりふわーっになります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Gucchi No.1(グッチナンバーワン)/Gucchi(グッチ) [十月]

IMG_3946s.jpg

80年代の濃厚なシプレ、なんですが、
すごくフルーティで、レザーも感じます。
ちょっとロシャスのファムを思い出すんだけど、
むしろマダムロシャスのギイ・ロベール調香なんですね。

素敵な革のバッグや靴を着こなして、
髪はきれいにカール、
そんなイタリアマダムのイメージ。

最後の最後まで、フルーティなジャスミンが肌に残っているのが、
たまらなくいい香りです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Antonia(アントニア)/Pure Distance(ピュア・ディスタンス) [十二月]

IMG_3960s.jpg

グリーンのつぶつぶがついてる、トリュフチョコ!

ざらっとしたつぶつぶの下に、
固い層があって、
そこをかじると、中からとろ~い甘いクリーム。

グリーンなんだけど甘いって珍しいですよね。

50年代を舞台にしたアメリカ映画に登場する、
きれいな色のスーツを着た40~50代のかっこよくてきれいな秘書。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Heure Exquise(ウール・エクスキーズ)/Annick Goutal(アニック・グタール) [通年]

IMG_3953s.jpg

パウダリーフローラルだと聞いていたので、
自分には関係ないと思っていました。
パウダリー、苦手なのです。

んが。

あまりにも絶賛されているので、
ためしに小分けを買ったら、あらあら意外。

グリーンがけっこうしっかりあるじゃないですか。
でもパウダリーもある。
グリーンなのにパウダリー。
へええ。

ゲランのシャマードに似てますね。

これつけて外出しても、別にテンション上がらず、
しっくり来ないのですが、
寝るときにつけると、なぜかよく眠れるんです!
まさに寝香水。

自分が5歳ぐらいの女の子になって(なぜか西洋人 笑)、
白い服を着た、
きれいで優しいお母さん(これもなぜか西洋人)と一緒にいる、
部屋の中は光にあふれている、
そんなイメージです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Silences(シランス)/Jacomo(ジャコモ) [二月]

IMG_3951s.jpg

静寂という名前がまず素敵。

トップで青臭いガルバナムがひろがって、
薄紫色の、ヒヤシンスの畑にいるようです。

その後、葉っぱの表面みたいにざらざらさやさやしたものが続きます。

シャネルの19番とかと比べると、
すっと静かなグリーンフローラル。




nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。